MENU

ズキラックの飲み方と偏頭痛改善効果を高めるコツ

ズキラックは、薬ではない別の方法で偏頭痛を根本的に改善する際に用いられる健康サプリメントです。薬と違って体に優しく安全性が高いことから、近年の新しい偏頭痛対策方法としてじわじわと注目を集めています。
そんなズキラックはお薬ではありませんが、自然由来の成分が女性ホルモンに働きかけるものですので、飲み方を間違ってしまうと副作用につながってしまう恐れもあるんだそうです。
また、こういったものは正しい飲み方で継続することで本来の効果を実感しやすくなります。デメリットを避けてメリットをきっちりと実感するためにも、正しい飲み方は欠かせないのです。
ここではズキラックの飲み方についてわかりやすく解説していきますが、その後にズキラックに加えて偏頭痛を改善するために効果的な習慣もシェアしていきたいと思います。

 

ズキラックの正しい飲み方

先ほども少し触れましたが、ズキラックはパッケージに記載されている正しい飲み方を継続することで危険を避けることができ、本来の効果を実感しやすくなります。
ではズキラックの正しい飲み方についてですが、ズキラックのパッケージに記載されている召し上がり方にて、1日3粒を目安にして水などの水分とともにお召し上がりください。といったような記載がされています。

 

要は1日3粒まとめて飲むのもよし、3回に分けるのもよし。と言うことになります。

 

ズキラックはまとめて飲む方が良いのか?

これについては私自身も気になったので調べてみたところ、まとめて飲むのも1日3回に分けるのも大きな差は無いとの事ですので、好きなときに飲んで良いそうです。
なので、個人的には朝か夜かのタイミングでまとめて飲んでしまうのが忘れ防止になるので良いのではないかと考えています。実際に私は毎朝の習慣として食後の後にズキラックを飲んでいますが、いちど習慣化してしまえば忘れることも少なくなってくるので良いかと思います。

 

ズキラックの副作用について

ズキラックはお薬では無い為、基本的に副作用の心配は無いのですが、ある条件を満たしている方に関しては副作用の危険性があると言われています。これについては公式ページにも書かれています。
なお、どんな人に対して副作用の危険があるのかについての詳細は「ズキラックの副作用に該当する方」こちらのページで詳しく特集されています。
あと、ズキラックの効果を早く実感したいからといって1日に極端に飲み過ぎてしまうのも副作用につながってしまうと言われています。1日3粒のルールを守って継続するように心がけたいところです。

 

ズキラックと同時に取り入れたい「偏頭痛に良い習慣」

偏頭痛にならないための習慣については、未だ完全に分かっていない部分があると言われていますが、できることの1つとしてカフェインの摂取があります。
カフェインと言えば、眠気対策として摂取される方もいらっしゃるかと思いますが、コーヒーなどに含まれるカフェインには、脳の血管を収縮する作用があります。偏頭痛は血管の膨張の刺激が伝わることによって発生しますので、適度にコーヒーを飲んでカフェインを摂取し、血管の収縮を促してあげることで偏頭痛の予防にもなると言われています。
カフェインの過剰摂取は良くないですが、ズキラックの効果を本格的に実感し始めるまでの小手先の予防策としてはアリかもしれませんね。
逆に、血管の拡張を促してしまうポリフェノールを含む赤ワインやチョコレートなどは偏頭痛を引き起こしやすいため、できるだけ避けるのが好ましいと言われています。

 

まとめ

ズキラックの正しい飲み方は、1日3粒を水で飲むことです。
ただし、ズキラックはお薬とは違い飲んですぐに効果を実感できるものではありません。継続して飲んでいくことで偏頭痛が起こりにくい体の状態に変えていくのがズキラックに期待できる働きです。
なので最初のうちはもしかすると継続している最中でも偏頭痛が発生してしまう恐れがありますので、最初の段階は先ほどお伝えしたコーヒーなどのカフェイン入りの飲食物で対策をとるのも1つの手段です。